お金借りる即日

今すぐお金を借りるなら、「即日融資」が可能なカードローンがおすすめになります。

 

急にお金が必要になるときは誰にでもあると思いますが、そんな時に便利なのがカードローンです。

 

  • 今すぐお金が必要!
  • 今日中にお金を借りる必要がある!
  • 即日でお金を借りたい!
  • とにかく急ぎでお金を借りたい!
  • 1分でも早く資金調達したい!

 

このような緊急性の高い場合でも、当サイト「お金借りる即日」で紹介しているカードローンでしたら最短即日融資が可能になりますので安心です。

 

当サイトで紹介しているカードローンは「消費者金融」の商品です。消費者金融と聞くとイメージを悪く持つ方や初めてお金を借りる人に取って見ると不安に感じることも少なくはないと思いますが、当サイトで紹介しているカードローンは、銀行の傘下である大手消費者金融になりますので安心です。

 

最近の大手消費者金融の親会社は、三井住友フィナンシャルグループや株式会社三菱UFJフィナンシャルグループ、SMBCコンシューマーファイナンスになりますので、きちんと法律(貸金業法)に則ってお金を貸してくれますので何も心配はいりません。

 

昔の街金やサラ金、ヤミ金とは全く違いますので安心していただいても大丈夫です。

 

当サイトの運営ポリシーとしまして、あなたが不安になるような違法な貸金業者は一切紹介しませんのでご安心ください。当サイトで紹介しているカードローンは、実際にテレビCMなどでも宣伝されているのでご存知の方も多いと思います。

 

ただし、大手消費者金融のカードローンを利用してお金を借りる場合は、以下の2つの条件をクリアしている必要があります。

  • 安定した収入があること
  • 20歳以上であること

上記2つの条件をクリアしている方はカードローンの申込みが可能で、最短で即日お金を借りることができます。

 

【即日お金を借りたい場合のヒント】
「今すぐ」「今日中」「即日」にお金を借りたい場合は、スマホかパソコンで「ネット申し込み」をしましょう。審査は最短30分で完了しますので、審査完了後にお持ちの銀行口座にお金を振込みしてもらうようにしましょう。銀行の営業時間外にお金を借りたい場合は、審査通過後に全国各地にある自動契約機で契約を済ませることでその場でローンカードの発行をしてもらえますので、併設されているATMかコンビニのATMで24時間お金を出金することができます。

 

カードローンの審査には「本人確認書類(運転免許証等)」が必要になりますので用意しておきましょう。お金を借りるための審査に通過するか不安と言う方も多いと思いますが、まずは借り入れ可能かどうかの「診断」を各カードローンの公式サイトでできますのでお試しください。診断は数秒で完了します。

 

 

 
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループだから安心!


まずは3秒診断>>
【アコムの特徴】
  1. 3秒診断ですぐに結果が分かる!
  2. 最短30分審査回答で最短1時間融資も可能!
  3. 土日祝日でも審査、即日融資可能!
  4. 初めての方は30日間金利0円!
  5. 安定収入があれば主婦パート、学生アルバイトでもOK!
  6. 自営業や派遣社員の方もご利用可能!
  7. 担保、保証人不要で借入可能!
  8. 楽天銀行の口座を持っていると24時間365日振込みOK!
※20歳以上
評価 評価5
借入限度額 1~800万円
実質年率 3.0~18.0%
審査時間 最短30分
アコムは3秒診断で今すぐのニーズに応えることが可能で、即日お金を借りたいと言う方に人気の完全即日対応のカードローンになります。しかも初めてのご利用の場合は「30日間金利0円」で利用できますので、銀行カードローンよりもお得に利用できます。万が一銀行の営業時間内に審査が完了しなくても全国に設置されている自動契約機「むじんくん」を利用することで即日融資が可能になります。22時まで(※年中無休(年末年始を除く))のカードローンの発行が可能で、24時間コンビニなどのATMでお金を借りることができます。

 
 
プロミス

SMBCグループだから安心!

 

まずは3秒診断>>
【プロミスの特徴】

  1. 最短30分審査回答で最短1時間融資も可能!
  2. 土日祝日でも審査、即日融資可能!
  3. 初めての方は30日間金利0円!
  4. 安定収入があれば主婦パート、学生アルバイトでもOK!
  5. 自営業や派遣社員の方もご利用可能!
  6. 人気のカードレスのカードローン!
  7. 担保、保証人不要で借入可能!
  8. 会員優待サービス「おとくらぶ」が人気!

 

評価 評価5
借入限度額 500万円
実質年率 4.5~17.8%
審査時間 最短30分

プロミスは、今すぐお金を借りたいと言う方に向いているカードローンで、3秒診断ですぐにお金を借りることができるかの結果が出ます。審査時間も最短30分と早く、最短1時間で融資が可能になります。しかも初めてのご利用の場合は「30日間金利0円」で利用できますので、銀行カードローンよりもお得に利用できます。万が一銀行の営業時間内に審査が完了しなくても全国に設置されている自動契約機を利用することで即日融資が可能になります。22時までのカードローンの発行が可能で、24時間コンビニなどのATMでお金を借りることができます。

 
 
SMBCモビット

SMBCグループだから安心!
モビット

 

まずは10秒簡易審査>>
【SMBCモビットの特徴】

  1. WEB完結型の郵送物なしで家族にバレない!
  2. 全国の銀行、コンビニ提携ATMで利用可能!
  3. 土日祝でも審査に通過すれば原則24時間最短3分で振込可能!
  4. 安定収入があれば主婦パート、学生アルバイトでもOK!
  5. 自営業や派遣社員の方もご利用可能!
  6. 人気のカードレスのカードローン!
  7. 担保、保証人不要で借入可能!

 

評価 評価5
借入限度額 800万円
実質年率 3.0~18.0%
審査時間 最短即日

SMBCモビットは、WEB完結型カードローンなので、郵送物などが送られてくる心配がないので家族にバレずにお金を借りることができます。10秒簡易審査ですぐにお金を借りることができるかの結果が出ます。土日祝でも審査に通過すれば原則24時間最短3分で振込可能で即日融資が可能になります。全国の銀行やコンビニATMで24時間お金を借りることができます。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 
目次
  1. 即日でお金を借りる方法について
    1. ①銀行よりも消費者金融カードローンを選ぶ!
    2. ②前日の夜か午前中にネット申し込みを済ませる!
    3. ③自動契約機(無人契約機)を利用する!
    4. ④50万円以下の借入額で申込みをする!
  2. 土日祝や夜間「にお金を借りる方法
    1. お手持ちの指定銀行口座に振込みキャッシングする方法
    2. 自動契約機とATMを利用して即日キャッシングする方法
  3. 今すぐお金を借りるときの借入限度額はどれぐらい?
    1. 総量規制によって借入限度額が左右される
    2. はじめて消費者金融カードローンでお金を借りる際の借入限度額について
  4. 即日でお金を借りたいけど審査に通らない場合もある
  5. 即日でお金を借りたいけど「無職」でも大丈夫?
  6. 即日でお金を借りたいけど「ブラック」でも大丈夫?
  7. 即日でお金を借りたいけど「学生」でも大丈夫?
  8. 即日でお金を借りたいけど「主婦」でも大丈夫?
  9. 即日でお金を借りたいけど「年金受給者」でも大丈夫?
  10. 家族に内緒でお金を借りる方法はある?妻にバレずにお金を借りたい!
    1. 郵送物が送られてこないように契約する
  11. 消費者金融でお金を借りる場合
    1. 消費者金融
    2. サラ金
    3. 街金
    4. ヤミ金
  12. 銀行でお金を借りる場合
  13. 郵便局でお金を借りる場合
    1. カードローン「したく」
    2. 住宅ローン「夢舞台」
    3. パーソナルローン「夢航路」
    4. クレジットカード(キャッシング枠
    5. 貯金担保自動貸付
    6. 財産形成貯金担保貸付
    7. 国債等担保自動貸付
  14. 市役所でお金を借りる場合
    1. 緊急小口資金について
  15. 労働金庫でお金を借りる場合
    1. 全国各地にある13のろうきん
  16. 共済組合でお金を借りる場合
  17. 勤務先でお金を借りる場合
  18. 事業資金でお金を借りる場合
    1. 日本政策金融公庫でお金を借りる
    2. 銀行や信用金庫でお金を借りる
    3. ビジネスローンでお金を借りる
  19. 生活サポート募金でお金を借りる場合
  20. 個人間融資でお金を借りる場合
  21. 質屋でお金を借りる場合
  22. 親や親戚からお金を借りる場合
  23. 友達からお金を借りる場合
  24. 警察でお金を借りる場合

 

即日でお金を借りる方法について

お金を借りる必要があるときは決まって今すぐではないでしょうか?急な出費でお金が必要になった、月末の給料日までの生活費が足りないから今日中にお金を借りたい、彼女とデートの予定だけどサイフにお金が入ってないから今すぐお金を借りたい。

 

お金を借りたいと思うときは、大体このように今すぐと言うパターンがおいと思います。そんな時でも安心なのが、上記で紹介しました消費者金融カードローンになります。

 

消費者金融カードローンは、即日お金借りたいと言うニーズにしっかりと答えてくれるとても便利なサービスになります。

 

「即日融資」「即日キャッシング」「即日カードローン」のようなキャッチコピーを街中やテレビCMで見かけたことがあると思いますが、まさに消費者金融カードローンがこれらに対応しているのです。

 

それでは即日でお金を借りる方法をご紹介したいと思います。

 

①銀行よりも消費者金融カードローンを選ぶ!

銀行カードローンの方が金利が安く、銀行と言うだけあって安心感があると思いますがほとんどの場合即日融資が難しくなりますので、今すぐお金を借りたい場合は消費者金融カードローンを選択してください。

 

消費者金融カードローンの場合は、上記で紹介しましたように、最短30分審査で最短1時間融資に対応していますので、即金を手に入れることが可能になります。そのため、とにかく急ぎでお金が必要と言う場合は、消費者金融カードローンを選ぶようにしましょう。

 

②前日の夜か午前中にネット申し込みを済ませる!

即日お金を借りたい場合で、ご自身の口座にお金を振込みしてほしい場合は、前日の夜か午前中にネット申し込みを済ませておきましょう。そして、銀行の営業時間内に審査を通過させて、振込み手続きをするようにしてください。

 

注意する点は、銀行の営業時間外になってしまうと、振込手続きを済ませたとしても翌日の着金になってしまうと言う点になります。そのため、今日中にお金を借りたい場合は、せめて14時までにはネット申し込みをするようにしてください。

 

③自動契約機(無人契約機)を利用する!

万が一、午前中に審査が完了しなくて、銀行の営業時間外になってしまった場合は、診察か後に全国各地にある自動契約機で契約手続きを済ませましょう。そうすることで、その場でローンカードを発行してもらえるので、併設されているATMかコンビニATMで24時間お金を借りることができます。

 

ちなみにですが、自動契約機の営業時間は夜の22時まで(店舗によって異なります。)が基本になりますので、最低でも21時までにはネット申し込みを済ませて審査に通過しておくようにしてください。

 

④50万円以下の借入額で申込みをする!

初めて消費者金融カードローンを利用する場合は、50万円以下の申込みをするようにしてください。50万円以上の借入になると、審査が長引いてしまう可能性が高くなります。

 

また、50万円以上の審査には「収入証明書類」の提出を求められる場合があります。それから、借入額が高額になればなるほど審査が厳しくなりますので、審査に通過しない可能性もありますので注意が必要になります。

 

消費者金融カードローンで高額の借入をしたい場合は、初めは少額の借入と返済を繰り返し行い、限度額を引き上げて行くようにしましょう。即金を手に入れたい場合は、50万円以下の申込みがベストになります。

 

土日祝や夜間「にお金を借りる方法

消費者金融カードローンの場合は、銀行カードローンと違い土日祝や夜間であってもお金を借りることができます。お手持ちの口座に振込してもらうことはもちろん、ATMでキャッシングすることも可能になります。

 

ちなみにですが、銀行の営業時間外の15時以降であっても、「アコム」と「プロミス」のカードローンであれば即日お金を借りることができます。そのため、銀行の営業時間外の夜間や土日祝にお金を借りる必要がある場合は、この2社の内どちらかのカードローンを利王するようにしてください。

 

それでは、アコムとプロミスのそれぞれのお金を借りる方法を解説していきたいと思います。

 

お手持ちの指定銀行口座に振込みキャッシングする方法

銀行の営業時間である15時を過ぎても振込みキャッシングする方法は、それぞれの指定口座をお持ちの場合に限ります。この指定口座と言う部分がポイントで、銀行の営業時間に関係なく24時間振込みキャッシングする場合は以下の口座を持っていることが大前提となります。

 

万が一、指定銀行の口座をお持ちでない場合は、後程紹介するATMを利用したキャッシングで夜間でも土日祝でもお金を借りることが可能となりますのでご安心ください。

 

アコムの場合

アコムで土日祝や銀行の営業時間外の夜間に関係なく振込みキャッシングする場合は、「楽天銀行」の口座が必須となります。楽天銀行の口座をお持ちの方に限り、24時間365日アコムから口座へ振込してもらうことが可能となります。

 

プロミスの場合

プロミスで土日祝や銀行の営業時間外の夜間に関係なく振込みキャッシングする場合は、「三井住友銀行」もしくは「ジャパンネット銀行」のいずれかの口座が必須となります。どちらかの口座をお持ちの方に限り、24時間365日プロミスから口座へ振込してもらうことが可能となります。

 

ただし、アコムもプロミスも22時までに審査に通過して契約手続きを完了させておくことが必須条件となりますのでご注意ください。

 

自動契約機とATMを利用して即日キャッシングする方法

上記の指定銀行口座をお持ちでない場合は、自動契約機とATMを利用して即日キャッシングするようにしてください。そうすることで、土日祝や夜間であってもお金を借りることが可能となります。

 

アコムの場合

まずはスマホやパソコンからネット申し込みを済ませます。次に、全国各地に設置されている自動契約機「むじんくん」で契約手続きを済ませます。すると、その場でローンカードを発行してもらえますので、併設されているATMかコンビニのATMでキャッシングするようにしてください。

 

ちなみにですが、アコムの自動契約機の営業時間は基本的に22時まで(※21時までの店舗もあります。※年中無休(年末年始を除く))になりますので、少し余裕をもって21時ぐらいまでには契約完了するようにしてください。

 

プロミスの場合

プロミスの場合も基本的には同じで、事前にスマホでネット申し込みを済ませておきます。次に、自動契約機へ行き契約の手続きをしましょう。するとその場でローンカードを発行してもらえますので、併設されたATMかコンビニATMでお金を借りるようにしましょう。

 

ちなみにですが、プロミスの自動契約機の営業時間は基本的に22時までですが、一部21時までの店舗もありますのでご注意ください。併設されているATMに関しましては「7:00~24:00(※ATMによって営業時間が異なります。)」が営業時間になりますので、それ以降にお金を出勤したい場合はコンビニを利用するようにしてください。

自動契約機以外でも、窓口のある店舗での契約手続きも可能となります。銀行窓口の様に、顔を見て契約手続きをしたいと言う方におすすめですが、営業時間が基本的に18時ころまでで、土日祝は休日となります。そのため、土日祝や夜間で即日お金を借りたい場合は自動契約機がおすすめになります。

 

今すぐお金を借りるときの借入限度額はどれぐらい?

今すぐお金を借りたいときに気になることが「どれぐらいのお金を借りることができるのか?」ではないでしょうか?人それぞれ借りたい金額が違うと思いますが、たくさんのお金を借りたい人ほど借入可能な限度額を知りたいと思います。

 

まず、カードローンでお金を借りるときに、急いでいる場合や急いでいない場合によって借入限度額は一切左右されませんので、緊急事態だから少額しか借入できないと言うことはありませんのでご安心ください。

 

カードローンの借入限度額は、実際にお金を借りる人の現時点の返済能力によって左右されます。この返済能力の数値が高ければ高いほど有利にお金を借りることができます。

 

まず、カードローンを利用する上で知っておいてほしことが「総量規制」と言う言葉になります。

 

総量規制によって借入限度額が左右される

お金を借りるなら、総量規制と言う法律を理解しておきましょう。

 

総量規制とは、2010年6月18日に改正貸金業法が完全施行されたことによって各々の借入限度額が具体的に決まるようになる法律のことです。

 

この総量規制を簡単に説明しますと、「年収の3分の1までしかお金を借りることができない」と言う法律になります。

 

つまり、年収300万円の人であれば、借入限度額は「100万円まで」と言うことになります。

 

ただし、総量規制には除外項目と例外項目があり、自動車ローンや住宅ローン、その他不動産ローンに関しては総量規制から除外され、借り換えや繋ぎ融資などについては例外となります。

 

ちなみにですが、銀行カードローンの場合は消費者金融カードローンとは違い、総量規制の対象外となっており、年収の3分の1を超える借入も可能となっています。

 

総量規制の対象となる借入は、貸金業法で規制されている「貸金業者(消費者金融・カード会社・信販会社)」による「個人向けの貸し付け」になります。銀行カードローンの場合は、貸金業法ではなく「銀行法」に基づいた運営であり貸付になるため総量規制の対象外となります。

 

はじめて消費者金融カードローンでお金を借りる際の借入限度額について

はじめて消費者金融カードローンを利用する場合は、業者によって借入限度額が異なりますが、はじめての借入の場合は基本的に「50万円以下」の借入が一般的になります。

  • 会社員・・・30~50万円程度
  • 学生・・・10~20万円程度
  • パート・アルバイト・・・10~20蔓延程度

 

上記がはじめての消費者金融カードローンを利用する際の限度額の目安になります。学生の方や主婦の方でパートやアルバイトをしていて安定収入があればお金を借りることができます。

 

ちなみにですが、借入限度額は審査によってそれぞれ設定されますが、審査に通ってしまえば限度額の範囲内であれば何度でもお金を借りることができます。50万円の限度額であれば何度でもその範囲内でお金を借りたりすることができるのもカードローンを利用するメリットになります。

 

アコムやアイフルの場合は、借入限度額800万円となっておりますが、はじめから800万円の借入をすることは極めて難しいと言えます。それに、上記でも言いましたが総量規制の対象となりますので、借入限度額はあなたの年収によって決まりますので勘違いのないようにしてください。

 

また、借入限度額を決める際は年収だけで決まるのではなく、属性「年齢・勤務先・勤続年数・居住形態(持家・賃貸)・居住年数・家族構成」なども審査対象となり、現在の借入状況によっても左右されます。

 

基本的に現在の借入状況が総量規制内であり、現在の勤務先が継続して安定収入がある場合には借入限度額が高くなります。要するに「社会的信用度」が高ければ高いほど返済能力が高いと判断され大金を借りることができます。

 

一方単身者の方で賃貸アパートに住んでいる場合で、勤続年数が短い場合などは初回借入の限度額が低くなる可能性があります。しかし、借入と返済を繰り返し返済実績を積み上げていくことで、借入限度額の引き上げが可能となり、追加融資が受けられますので限度額が高くなります。

 

つまり、属性が悪いと判断された場合でも、返済実績を積んで信用度が高まれば借入限度額を増やすことができると言うことです。また、アルバイトやパートの方でも安定収入があれば、初回は低額融資の可能性がありますが、お金を借りることができますのでコツコツと実績を積み上げていきましょう。

 

お金を借りることもそうですが、きちんと返済して良好な関係を築き上げることがお互いの信用を高める最大の手段であり、借入限度額を引き上げるための方法であることを理解しておきましょう。

 

即日でお金を借りたいけど審査に通らない場合もある

消費者金融カードローンでお金を借りる際に必ずあるのが「審査」になります。この審査に通過しないと、お金を借りることができないのですが、必ず審査に通るとは言えないのが現実になります。

 

特に「ブラック」の方はカードローンの審査に通る可能性が極めて低くなります。

 

ちなみにですが、消費者金融カードローンの申込み対象は、「20歳以上」「安定収入」のみになります。成人していることが大前提で、安定収入があることで返済能力があると判断されますので、この二つの条件をクリアしていれば、基本的にカードローンの審査に通りやすいす。

 

例えばですが、日雇いのアルバイトよりも長期的なアルバイト、派遣社員よりも正社員、低所得よりも高所得、勤続年数は短いよりも長い方が審査通過率が高くなりますし、借入限度額が多くなります。他にも、年齢は高齢の方よりも働き盛りの20~40代の方が有利でもあります。

 

また、業種に関しましても「フリーランス・作家・アーティスト・水商売・風俗業・自営業」の場合は収入が不安定と判断されやすくなりますので、審査落ちする可能性が高くなります。一方で好まれる職業は「公務員・上場企業」になります。

 

とは言っても、審査はやってみないと分かりませんので、お金を借りたい場合は正直に申告して審査をするようにしましょう。

 

消費者金融カードローンの審査時の注意点は「虚偽の申告をしない」と言うことです。職業だけに限らず、年収や現在の借入状況についても同じことが言えます。

 

なぜなら、各金融会社は「個人信用情報」を照会し、属性をスコアリングして返済能力があるかどうかを厳しく審査するからです。個人信用情報を紹介すれば、現在の借入状況や、毎月きちんと借金を返済しているかなどの情報を全てチェックすることができるのです。

 

個人信用情報をチェックして、返済実績がきちんとある方は比較的信用度が高く審査に通りやすくなります。消費者金融カードローンの審査は、個人信用情報を厳しく審査して、内容に問題がなければほぼ審査に通過すると思っておいても大丈夫でしょう。

 

消費者金融カードローンがスピード審査の理由は、この個人信用情報をチェックして、正確に判断し返済能力があるかを見極めているからになります。

 

例えばですが、クレジットカードの返済が送れていたり、携帯電話料金の支払いが滞っていたりすると審査落ちしやすくなります。他にも申し込み時に虚偽の申告をしたり、他の消費者金融にもたくさん申込みしていたりすると不利になります。

 

そのため、審査申込み時は支払いの遅れがないかをチェックすることと、複数の消費者金融に申込みをしていないかをチェックし、アコムに申し込むなら他には申し込みをしないようにしてください。

 

即日でお金を借りたいけど「無職」でも大丈夫?

とにかく急ぎで即日でお金を借りたいけど、「無職」でもお金を借りることができるのか?

 

答えは「NO!」です。

 

消費者金融や銀行のカードローンは、無職の状態で審査をしたところでお金を借りることができません。なぜなら、お金を借りると言うことは必ず返して完済さなければならないからです。

 

借りたお金を返す「返済能力」が無い無職の人にお金を貸したところで、お金が返ってくる見込みがないのでお金を借りることができません。そのため、仮に無職の状態で審査の申込みをしても断られてしまうのです。

 

ただし、無職の人であってもある一定の条件を満たしていれば審査に通過してお金を借りることができる場合があります。

 

例えば、無職であっても自宅(持家)や土地などの不動産を担保に入れるとお金を借りることができる場合があります。不動産を担保に入れることで、万が一借金の返済ができなくなった場合でも金融会社が不動産を担保として回収できますので無職の方にでも融資を行う場合があります。

 

また、現在無職であっても「派遣社員」として派遣会社に登録することで審査に通過する可能性が出てきますので、お金を借りることができる場合があります。ただし、派遣会社に登録しているだけで、実際に働かなければ返済できません。そのため、しっかりと働いて安定収入を得る前提で消費者金融カードローンの審査を申し込むようにしましょう。

 

それから同じ無職でも「専業主婦」の場合は、銀行カードローンでしたらお金を借りることができる銀行もあります。主婦でもパートやアルバイトをしていて安定収入がある場合は、消費者金融カードローンでお金を借りることができます。

 

即日でお金を借りたいけど「ブラック」でも大丈夫?

ブラックでもお金を借りることは可能なのでしょうか?ブラックとは、いわゆる「ブラックリスト」と言われる状態の人のことです。実際にブラックリストと言うリストは存在していませんが、以下のような状態に在る人のことをブラックと言います。

  • 返済延滞
  • 任意整理
  • 代位弁済
  • 強制解約
  • 自己破産

このようなネガティブな情報が個人信用情報に記録されている状態のことをブラックと言います。このような状態になると、ほぼすべての金融機関からお金を借りることができなくなってしまいます。

 

金融事故情報としてある一定期間個人信用情報に記録され、全ての借金の返済が完了してから情報が抹消されるまで相当な期間が必要になります。このブラックな情報が消えない限り、正規の金融機関との新規の取引はできないと考えておきましょう。

 

つまり、ブラックの人は消費者金融カードローンの審査で通過することがないので、お金を借りることができないと言うことです。

「他社で断られて方もOK!」「無審査で貸します!」「ブラックOK!」のような謳い文句で宣伝をしている金融会社は「ヤミ金」になりますので、このような業者からは絶対に借入しないようにしてください。闇金と一度でも取引してしまうと借金の無限ループに陥ってしまいますのでくれぐれも手を出さないように注意してください。

 

ちなみにですが、ブラックでもお金を借りる方法はありますので後程ご紹介したいと思います。

 

即日でお金を借りたいけど「学生」でも大丈夫?

学生の方でも急にお金が必要になるときってありますよね?友人の付き合いや恋人とのデートなどお金が必要になる理由はさまざまだと思います。

 

親のスネをかじられる学生の方は特に問題ないと思いますが、そうではない学生の方ももちろんたくさん居ますね。そんな時に学生の皆さんに強い味方になってくれるのが消費者金融カードローンです。

 

消費者金融カードローンは、学生であってもアルバイトなどの安定収入があればお金を借りることが可能になります。しかし、ちょっと待ってください。まずはクレジットカードをお持ちの場合は、「キャッシング枠」が付いているか確認してみましょう。もし、お手持ちのクレジットカードにキャッシング枠が付いているのでしたら、わざわざ消費者金融に申し込む必要はありません。

 

お手持ちのクレジットカードにキャッシング枠が付いている場合は、審査なしでいつでも限度額内でお金を借りることができます。もし、クレジットカードにキャッシング枠が付いていない場合は、サポートセンターへ連絡して付けてもらうようにしましょう。ただし、この場合は審査に時間がかかりますのでご注意ください。

 

お手持ちのクレジットカードにキャッシング枠が付いていない場合で、今すぐお金が必要と言う場合は、消費者金融カードローンがおすすめになります。

 

消費者金融カードローンは、20歳以上で安定収入があれば学生であっても審査対象となり、お金を借りることができます。

 

親にバレるのが心配と言う方も多いと思いますが、消費者金融では親バレしないように配慮してくれますのでご安心ください。後ほど家族にバレない方法もご紹介していますので、そちらも参考にしてみてください。

 

また、学生の場合は「学生ローン」と言う方法もありますが、融資までのスピードは遅く時間がかかることと使い勝手の悪さがありますので、今すぐお金を借りたいと言う場合には向いていません。

 

ちなみにですが、学生がカードローンを利用する場合は、アルバイトで年収が100万円以下だと思いますので、借入できる金額は10万円程度になります。

 

学生の方で消費者金融だけにはお金を借りたくないと言う場合は、奨学金制度を利用するしか方法はありません。奨学金制度を利用する場合は、親に内緒で借りることはできませんので相談するようにしましょう。「独立行政法人日本学生支援機構」の奨学金制度を利用することでお金を借りることが可能となります。

 

>>独立行政法人日本学生支援機構

 

即日でお金を借りたいけど「主婦」でも大丈夫?

主婦の方でも急にお金が必要になるときってありますよね?即日お金を借りる必要があるときは消費者金融カードローンがとても便利です。ただし、先ほども言いましたが、主婦の方でも「専業主婦」の場合は、「専業主婦=無職=安定収入がない」と判断されますので、お金を借りることはできません。

 

主婦であっても、パートやアルバイトで安定収入がある場合は、消費者金融カードローンでお金を借りることができます。ただし、収入が100万円以下の場合は、せいぜい借りれても10万円程度だと思っておきましょう。

 

専業主婦の方がどうしてもカードローンでお金を借りたいと言う場合は、銀行カードローンでしたら審査対象になる銀行もあります。ただし、即日融資と言う訳には行きません。

 

ちなみにですが、クレジットカードをお持ちの方で、キャッシング枠が付いている場合は専業主婦の方でも審査なしでお金を借りることができます。一度お手持ちのクレジットカードにキャッシング枠が付いていないかサポートセンターへ連絡して確認してみてください。

 

即日でお金を借りたいけど「年金受給者」でも大丈夫?

年金受給者のシニア層の方でも、年金だけではお金が足りない場合があります。生活費やレジャー費、もしくは医療費が足りないからお金を借りたいと言ったニーズも当然あります。

 

しかし、消費者金融カードローンの基本的な審査基準は「安定収入」になりますので、年金受給者の場合は審査対象外となってしまいます。年金も安定収入と言えばそうなる可能性もありますが、実際問題難しい現実があり、消費者金融では年金のみの収入を安定収入とみなしていませんので、お金を借りることは難しくなります。

 

そのため、消費者金融のような民間のサービスではなく、国が認可した年金を担保にお金を貸してくれる「年金担保貸付事業」と言う制度を利用するようにしましょう。

 

借入の上限額は「10~200万円」で、年間の年金支給額の0.8倍以内、1回の返済額が15倍以内と定められています。申し込みは年金を受け取っている銀行や信用金庫になりますので、興味のある方は一度問い合わせてみるようにしてください。

 

家族に内緒でお金を借りる方法はある?妻にバレずにお金を借りたい!

今すぐお金を借りたいけど妻や家族にバレたくない!なんとか内緒でお金を借りる方法はないのか?と考えている人も少なくないのではないでしょうか。

 

消費者金融でお金を借りると言うことにマイナスイメージを持っている方が多くなります。また、夫の立場からすると妻に消費者金融でお金を借りていると言う事実を知られると恥ずかしいと言う気持ちや妻に心配をかけたくないと言う気持ちがあるかもしれません。

 

考え方はそれぞれだけど、できれば妻には内緒でお金を借りたいと言う方のために、家族にバレずにお金を借りる方法をご紹介したいと思います。

 

そもそもですが、なぜ消費者金融カードローンでお金を借りると家族の方にバレてしまうと思いますか?

 

その理由はズバリ「郵送物」なのです!

 

消費者金融でおかねを借りたことがバレる原因は郵送物と電話連絡になります。つまり、この郵送物と電話連絡さえないように契約してしまえば、家族にバレることなくお金を借りることができますので、妻に内緒でお金を借りることに成功するのです。

 

郵送物が送られてこないように契約する

まず、消費者金融カードローンの申込みをすると郵送物が送られてくる場合があります。

  1. カードローンの審査に通過して「ローンカード」が自宅に送られてくる
  2. カードローンで振込みキャッシングを利用して「ご利用明細書」が自宅に送られてくる
  3. カードローンで借りたお金の返済が延滞して自宅に「電話」がかかってくる
  4. カードローンの返済が滞って「督促状」が自宅に送られてくる

上記の4パターンで家族の方にお金を借りていることがバレてしまいます。しかし、これらを回避する方法がありますのでご紹介したいと思います。

ローンカードは自動契約機で契約時にその場で受け取る

最近はカードレスの消費者金融もありますが、ほとんどの場合ローンカードの発行が必要になります。そのため、ローンカードの受取は自宅への郵送ではなく、全国各地に設置されている自動契約機を利用するようにしてください。

 

まず、スマホやパソコンからネット申し込みをします。そして、審査に通過しましたら最寄りの自動契約機へ行き契約手続きを行いましょう。すると、その場でローンカードを発行してもらえますので郵送物が自宅に送られてくることはありません。

 

振込みキャッシングではなくATMでお金を借りる

消費者金融カードローンでお金を借りると、必ず発行されるのが「ご利用明細書」になります。一部の消費者金融ではWEB明細を利用できるのですが、郵送で送られてくる場合がほとんどです。

 

スマホで振込みキャッシングの手続きをするとご利用明細書が後日自宅へ郵送されますので注意が必要になります。そのため、お金を借りる時は自動契約機に併設されているATMかコンビニのATMを利用するようにしましょう。

 

そうすることで、その場でご利用明細書が発行されますので、郵送物が自宅に送られてくることはありません。

 

返済が遅れると電話がかかってくる

返済が遅れると消費者金融から契約時に登録した電話番号に連絡が入ります。これは、契約時に登録する電話番号を自宅ではなくご自身の携帯電話にしておけばバレません。

 

それから、返済がどうしても遅れそうなときはあらかじめサポートセンターへ連絡しておくことで、電話連絡を回避することができる場合もあります。

返済が滞ると督促状が届く

返済が滞ると督促状が自宅へ送られてきますので、忘れず、遅れないようにきちんと返済するようにしましょう。

 

消費者金融でお金を借りる場合

消費者金融でお金を借りることを胡散臭く感じている人も多いと思いますが、これは「消費者金融=ヤミ金」と勘違いしているからではないでしょうか。消費者金融は貸金業法に則って運営している正規の業者になります。一方ヤミ金の場合は、貸金業法を無視した違法業者になります。

 

そのため、消費者金融でお金を借りることは至って普通のことなのです。消費者金融と街金、サラ金、ヤミ金などを混同してしまっている人も多くなりますので、ここではっきりとそれぞれの違いをご紹介しておきたいと思います。

 

消費者金融

消費者金融と一口に言っても「大手消費者金融」と「」中小の消費者金融」に分けられます。大手消費者金融は、テレビCMでもよく見かけるみなさんもご存知の「アコム・プロミス・アイフル・SMBCモビット・レイクALSA」などになります。

 

上記の大手消費者金融は、銀行の傘下に入り運営している消費者金融で、貸金業法に則って運営している正規業者になりますので安心安全な業者と言えます。

 

大手消費者金融の特徴としましては、「即日融資」や「スピード審査」、他にも「はじめてのご利用は30日間無利息サービス」のようなサービスが充実している点になります。

 

一方で中小の消費者金融と言うのは、いわゆる「街金(サラ金)」と言われている貸金業者になります。

 

サラ金

サラ金とは、名前の通りサラリーマンをターゲットにした貸金業者で、サラリーマン金融の略称になります。サラ金は消費者金融と同じですが、時代と共にその名前も聞かなくなりました。言い換えると現代の消費者金融の昔の呼び方と考えるべきでしょう。

 

街金

街金とは、街中の雑居ビルの一角に事務所を構えて地域密着型で運営している貸金業者のことで、いわゆる中小の消費者金融になります。こちらの中小の消費者金融も大手と同じようにきちんと貸金業登録をして、貸金業法に則って運営している正規業者になりますので安心です。

 

大手消費者金融との違いは、地域密着型と言う点と、借入限度額が低いと言う点になります。大手消費者金融の審査に通らなかった人が良く利用する貸金業者でもあります。

 

しかし、最近では全国に対応している街金も増えてきており「フタバ(東京)・SGファイナンス(東京)・フクホー(大阪)」などは全国に対応しています。

 

ヤミ金

ヤミ金と消費者金融を混同している人も居ますが、全くの別物になります。ヤミ金は、貸金業法を無視した違法業者になります。ヤミ金でも街金と同じ会社名を名乗って違法に運営している業者もありますので要注意です。

 

ヤミ金に一度手を出してしまうと取り返しがつかなくなってしまいますので、絶対にお金を借りないようにしてください。

 

街金と闇金の見分け方

街金とヤミ金の見分け方は以下になります。

  • 貸金業登録しているか
  • 法定金利内で運営しているか
  • 固定電話番号の記載があるか

貸金業登録をしているかどうかは、金融庁の登録貸金業者情報検索サービスでかんたんに調べることができます。

 

法定金利ではなく違法な「トイチ(10日で1割の金利)」などでお金を貸付しているのはヤミ金の違法行為になります。法定金利は最大20%と定められていますので、これを超える金利でお金を貸付している業者は全て違法業者と言うことになります。

 

また、固定電話番号がない時点で怪しいです。携帯電話番号が記載されている様な貸金業者はヤミ金の可能性が高いので絶対に電話しないようにしましょう。

 

大手消費者金融は借入限度額が大きくさまざまなサービスが充実して居るのがメリットになりますが、中小消費者金融の場合は店舗数が少ないことと借入限度額も低くいことがデメリットで、サービス面でも大手には敵いません。

 

 

 

銀行でお金を借りる場合

消費者金融は胡散臭いから銀行でお金を借りる方が安心と言う方も少なくはないと思います。特に金融リテラシーが高い人ほどこのように考えるのではないでしょうか。

 

銀行は安全にお金を借りれるところと言うよりは、安全にお金を預けることができるところ「銀行=預金」と言う認識の人が多いと思います。銀行は、国や自治体のお金から企業のお金を送り込む中心的な存在で、日本の経済の重要な部分を担当している存在になります。

 

銀行でお金を借りたい場合は、ローンを利用するかたちになりますが、銀行ローンと言っても目的に合わせたさまざまな種類のローンがあります。銀行でお金を借りる場合は以下のローンが主になります。

  • カードローン・・・資金使途が自由で、借入可能な枠内であれば何度でもお金を借りることができるローン
  • フリーローン・・・初めにお金を借りた後の追加融資を受けることはできないけどカードローンよりも低金利のローン
  • 事業ローン・・・個人事業主や会社経営者が事業の運転資金の為にお金を借りれるローン
  • 自動車ローン・・・自動車の購入のためにお金を借りれるローン
  • 教育ローン・・・学校や塾、予備校などの費用を借りれるローン
  • ブライダルローン・・・披露宴や結婚式、新婚旅行など必要なお金を借りれるローン
  • 医療ローン・・・急な入院費用や手術費用を工面するためにお金を借りれるローン
  • リフォームローン・・・住宅のリフォームの為にお金を借りれるローン
  • 住宅ローン・・・新築(中古)戸建てやマンションの購入費用としてお金を借りれるローン

銀行には主に上記のような種類のローンがあり、それぞれの目的に合わせてお金を借りることができます。生活費の足しや、急にお金が必要になったときに便利なのが銀行カードローンになります。

 

銀行カードローンは金利が低いと言うメリットがあり、消費者金融カードローンと同じで無担保、保証人無しで利用できますが、比較的審査が厳しく即日融資が難しいため、今すぐお金を借りたいと言う方には向いていません。

 

緊急事態の場合や、今日中に何とかお金を借りたいと言う場合は、即日融資が可能な消費者金融の方が便利だと言えます。特に緊急を要する場合は、消費者金融はあなたの強い味方になってくれます。

 

銀行カードローンを利用する場合は、審査に時間がかかるため、余裕があるときに審査して契約するようにしましょう。銀行カードローンは、低金利でお金を借りれるメリットがありますので、長期的に考えると作っておいて損はないのではないでしょうか。

 

 

 

郵便局でお金を借りる場合

郵便局でお金を借りることもできます。厳密に言うと郵便局ではなく、ゆうちょ銀行ではありますが、ゆうちょ銀行でお金を借りる場合は以下の方法があります。

  • カードローン「したく」
  • 住宅ローン「夢舞台」
  • パーソナルローン「夢航路」
  • クレジットカード(キャッシング枠)
  • 貯金担保自動貸付
  • 財産形成貯金担保貸付
  • 国債等担保自動貸付

カードローン「したく」

スルガ銀行が代理業者として媒介しカードローンやさまざまなローン商品を取り扱っていました。しかし、ゆうちょ銀行はスルガ銀行株式会社に対して金融庁が行政処分を下したことによって、2018年10月31日(水)受付分をもって、カードローン「したく」の新規申し込みを停止しております。したがって現在ゆうちょ銀行ではカードローンの商品はありません。

 

住宅ローン「夢舞台」

住宅ローン「夢舞台」は、「フラット35・つなぎ融資応援型・基本プラン・個人事業主応援型・働く女性応援型 I II・アクティブシニア応援型・資産活用応援型・親孝行応援型・ビジネスマン応援型・キャリアアップ応援型・ビジネスオーナー応援型・派遣・契約社員応援型・特別団信応援型・諸費用応援型・特別団信応援型」などの14の商品ラインナップがあります。

 

2019年1月現在は、「資産活用応援型・親孝行応援型・諸費用応援型」の3つの新規受付を停止しています。

 

パーソナルローン「夢航路」

パーソナルローン「夢航路」は。「自己投資応援プラン・教育プラン・オートプラン・ハッピープラン・エコプラン・リフォームプラン・不動産プラン・フリープラン」などの8の商品ラインナップがあります。

 

2019年1月現在は、不動産プランの新規受付が停止中となっております。

 

クレジットカード(キャッシング枠

ゆうちょ銀行取り扱いのクレジットカード「JP BANKカード」に付ているキャッシング枠でお金を借りることができます。申し込みには所定の審査が必要となります。

 

貯金担保自動貸付

ゆうちょ銀行に貯金があることが大前提となりますが、貯金がある場合にその貯金を担保にお金を借りることができます。

 

財産形成貯金担保貸付

財形定額貯金や財形年金定額貯金、財形住宅定額貯金がある場合は、それを担保にお金を借りることができます。

 

国債等担保自動貸付

ゆうちょ銀行及び郵便局の貯金窓口で購入した「利付国債」及び「個人向け国債」がある場合にそれを担保にお金を借りることができます。

 

市役所でお金を借りる場合

市役所でお金を借りることができる人は少ないと思いますが、実は市役所でもお金を借りることができるのです。消費者金融でお金を借りるのは不安だけど、市役所なら公的機関なので安心ですよね。

 

厚生労働省が管轄する「生活福祉資金貸付制度」を利用することでお金を借りれる可能性があります。この生活福祉資金貸付制度を利用できる対象者は以下になります。

  • 高齢者世帯・・・65歳以上の高齢者が居る世帯
  • 低所得世帯・・・必要なお金を他から借入することができない世帯(市町村民税非課税制度)
  • 障害者世帯・・・身体障害者(身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方)の方が居る世帯

生活福祉資金貸付制度の貸付資金の種類は以下になります。

  • 総合支援資金・・・生活支援費・住宅入居費・一時生活再建費
  • 福祉資金・・・福祉費・緊急小口資金
  • 教育資金・・・教育支援金・就学支度金
  • 不動産担保型生活資金・・・不動産担保型生活資金・要保護世帯向け不動産担保型生活資金

生活福祉資金貸付制度を利用する場合は、原則として連帯保証人が必要ですが、連帯保証人を立てない場合も利用することは可能となります。

 

連帯保証人を立てた場合は「無利子」でお金を借りることができますが、連帯保証人を立てない場合は「年1.5%」の利子が必要になります。

 

上記の4種類の中からいずれかでお金を借りることができますが、緊急度が高い場合に利用したいのが福祉資金の「緊急小口資金」ではないでしょうか。詳しくは以下の厚生労働省のホームページを参照してみてください。

 

参照:生活福祉資金貸付条件等一覧

 

緊急小口資金について

緊急小口資金と言う名前からして、緊急を要する資金なので今すぐ借りれそうなイメージがありますが、貸付には厳しい審査があり、実際にお金を借りるまでに最短でも5営業日必要になります。そのため、今すぐお金を借りることが難しくなりますので、急いでいる人には向いていません。

 

もし、今すぐお金が必要と言うことであれば、即日融資が可能な消費者金融カードローンがおすすめになります。

 

 

 

ちなみにですが、この緊急小口資金は、貸付限度額が「10万円以内」となっており、無利子で保証人不要でお金を借りることができます。貸付対象世帯は低所得世帯で、緊急かつ一時的に生活維持が困難な状況奈世帯になります。もちろん返済の見通しが立っていない場合はお金を借りることが難しくなります。

 

緊急小口資金の貸付対象となる理由

1.医療費・介護費の支払いで、臨時の生活費が必要なとき
2.火災等の被災によって生活費が必要なとき
3.年金、保険、公的給付等の支給開始までに必要な生活費
4.会社からの解雇、休業等による収入減
5.滞納中の税金、年金、国民健康保険料、公共料金の支払いによる支出増
6.給与などの盗難によって生活困難(貸付限度額5万円)
7.事故等により損害を受けたための支出増
8.社会福祉施設からの退出に伴う賃貸住宅の入居費による支出増
9.初回給与支給までの生活費が必要なとき

上記のような、支援がないと生活自体が成り立たない理由に該当すると、緊急小口資金を利用してお金を借りることができます。ただし、条件を充たしている世帯であっても以下のような世帯の場合は利用できない可能性が高くなりますのでご注意ください。

1.生活保護世帯
2.収入がないか又は少ないために恒常的に生活全般に困窮している世帯
3.多額な負債がある方及び返済が滞っている方がいる世帯
4.債務整理の予定がある方及び債務整理中の方がいる世帯
5.生活状況が確認できない世帯

緊急小口資金の申込みや相談に関しましては、お住まいの地域の管轄する市区町村社会福祉協議会の相談窓口に確認するようにしましょう。

 

労働金庫でお金を借りる場合

労働金庫とは、日本全国に13ある非営利団体の金融機関になります。労働組合や生協が会員となり運営している組織で、利用対象者は労働組合や生協の組合員だけと思われていますが、一般の方でも利用できますし、未成年者でもお金を借りることができます。

 

労働金庫と言うと聞きなれないかも分かりませんが、「ろうきん」と言えば聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

ろうきんのメリットとしましては、銀行や消費者金融のカードローンよりも金利が低いことになります。また、ろうきんのカードローンの申込み条件が「満18歳~65歳未満」となりますので、未成年者でもお金を借りることができる点になります。

 

銀行や消費者金融のカードローンの場合は、20歳以上が条件となりますが、ろうきんでしたら19歳の方でもカードローンを利用することができます(※未成年者を対象に貸付していない地域もあります。)。

 

ろうきんのデメリットとしましては、審査機関が非常に長く、審査申し込みをしてから実際にお金を手にするまで、2週間ほどかかる場合があると言う点になります。つまり、今すぐお金を借りたい方には向いていないと言うことになります。

 

全国各地にある13のろうきん

  • 北海道ろうきん
  • 東北ろうきん
  • 中央ろうきん
  • 新潟ろうきん
  • 長野ろうきん
  • 静岡ろうきん
  • 北陸ろうきん
  • 東海ろうきん
  • 近畿ろうきん
  • 中国ろうきん
  • 四国ろうきん
  • 九州ろうきん
  • 沖縄ろうきん

 

共済組合でお金を借りる場合

共済組合とは、公務員や私立学校教職員を対象に公的な社会保障を運営する社会保険組合になります。この共済組合は全国に80団体以上あり、常勤の公務員の方でしたらなにかしらの共済組合に加入しています。

 

この共済組合の普通貸付制度を活用すると、公務員の方は民間のカードローンよりも圧倒的に安い金利でお金を借りることができます。そのため、公務員の方は、民間のカードローンを利用するよりも、共済組合の普通貸付制度を利用した方が良いでしょう。

 

どうしても緊急を要する場合は、即日融資が可能な消費者金融カードローンを利用することもおすすめです。公務員の場合は審査に通りやすく限度額も大きい場合がほとんどです。

 

ちなみにですが、一般的に共済組合の普通貸付でお金を借りれる限度額は、「月給の6倍まで(上限200万円)」となっており、金利は「2.66%」と言う民間のカードローンでは考えられないほどの低金利の貸付となります。

 

ただし、デメリットとして資金使途が限られています。他にも、貸付を行う際に必要な書類が多く「印鑑証明書・契約書・見積書・請求書・領収書」などの書類が必須となります。

 

手間がかかる上に使い道が限られていますので、自由度が低く使い勝手が悪いと言えます。消費者金融のように最短1時間で自由度の高いお金を借りると言うことはできませんので、共済組合の普通貸付を利用する場合はご注意ください。

 

今すぐお金を借りたいと言う場合は、消費者金融カードローンが最適になります。

 

 

 

勤務先でお金を借りる場合

給料日まで手持ちの資金で生活することができないと言う場合もよくあります。そんな時に、お金を借りれる知人が居れば何の問題もありませんが、お金を貸してくれる友人や身内の人が居ない場合は生活できなくなってしまいます。

 

そんな時にぜひ活用したい資金調達方法が、勤務先でお金を借りる方法になります。いわゆる「給料の前借り」と言う方法になりますが、給料の前借りに関しましては、労働基準法で「労働者が出産、疾病、災害その他厚生労働省令定める非常の場合の費用に充てる為に請求する場合においては、給料の支払期日前であっても、既往の労働に対する賃金を支払はなければならない」と定められているので、該当する場合は勤務先でお金を借りることができます。

 

つまり、緊急の場合は会社・雇用者に対して給料の前借りを許すことを義務付けられていると言うことです。

 

また、前借りは働いた分の実績に対して、給料日の前に給料を受取れることであり、これから先働いて稼ぐ分のお金を「借金」できると言う訳ではありませんので勘違いしないようにしましょう。

 

給料の前借りができない場合は、「従業員貸付制度」と言う制度を活用しでお金を借りる方法もあります。ただし、この制度は全ての会社にある訳ではなく、任意の福利厚生と言うかたちになりますので、あなたが勤めている会社に従業員貸付制度があるかどうかは、経理の人間に確認するようにしましょう。

 

また、実際にお金を借りれる限度額は「10万円程度」になります。利息に関しましては、従業員貸付制度の場合は比較的低く設定されていますので、必要な金額が10万円未満の範囲内で、かつ従業員貸付制度を利用できる会社であれば利用してみても良いのではないでしょうか。

 

事業資金でお金を借りる場合

自営業者や個人事業主の方は、企業したばかりの開業資金や、運転資金としてお金を借りることができます。会社を運営していくうえで最も重要なものが「現金」で、お金がないと会社が回らないのも事実になります。

 

現金が無いと会社が回らないので、そのような危機的状況になる前に経営者は資金繰りをする必要があります。とても大変な社長業の一つではありますが、自営業者の方や個人事業主の方がお金を作るためには以下のような方法があります。

  • 日本政策金融公庫でお金を借りる
  • 銀行や信用金庫でお金を借りる
  • ビジネスローンでお金を借りる

上記3つの方法で、事業資金としてお金を借りることができます。

 

日本政策金融公庫でお金を借りる

日本政策金融公庫とは、昔で言う「国金(こっきん)」のことで、企業仕立ての人や、企業予定の人が利用して事業資金を借入する先になります。日本政策金融公庫は公的機関なので、低金利でお金を借りることができますので、開業資金や運転資金としてお金を借りたい場合はおすすめになります。

 

詳しくは以下の日本政策金融公庫のホームページをご覧ください。

 

>>日本政策金融公庫

 

銀行や信用金庫でお金を借りる

事業資金として銀行でお金を借りることも可能ですが、非常に審査が厳しくなります。そのため、実績の少ない中小企業がメガバンクから融資を受けることは難しくなります。

 

もし、銀行や信用金庫から事業資金の融資を受けるのであれば、まずは地方銀行や信用金庫の人間と関係作りからはじめるようにしましょう。実際に取り引きのある業者に紹介してもらうのも一つの手段ですね。

 

良好な関係ができましたら、初めは少額の融資から受けて少しづつ実績を作るようにしてください。実績が付いてくると、そのうち大口の融資を受けることも可能となります。

 

ビジネスローンでお金を借りる

ビジネスローンは、緊急を要する時におすすめのローンです。日本政策金融公庫や銀行、信用金庫でお金を借りるには、大量の必要書類を揃える下準備と相当な時間が必要となります。

 

しかし、ビジネスローンの場合は比較的審査が早いので急いで資金調達しないといけない場合でも安心です。さすがに即日融資と言う訳にはいきませんが、上記2つの方法と比べると早いです。

 

また、銀行だけではなく大手消費者金融でも事業資金の商品がありますが、金利が高いのでお金を借りる場合は短期で借入するようにしましょう。今日中に10万円借りたい、20万円借りたい、30万円借りたいと言う場合は、消費者金融のカードローンが手軽で便利です。

 

 

 

生活サポート募金でお金を借りる場合

生活サポート募金と聞いても、初めて聞く人も多いと思います。「一般社団法人 生活サポート募金」と言う民間の機関で、事業内容に「生活再生ローン(生活再生資金の貸付事業)」と言う生活再生のための資金を貸付してくれる事業があります。

 

一般社団法人生活サポート募金は、「生活を再生する」と言うことを目的として、借金に苦しんでいる人を救済するためのお金の貸付を行っています。

 

つまり、お金を借りることができると言うことです。貸付対象となる内容は以下になります。

  • 消費者金融で借入している債務を整理するためのお金を借りたい人
  • 個人信用情報によって金融機関でお金を借入できない人
  • 家賃・税金・公共料金などの滞納金を整理するお金を借りたい人
  • 債務整理後の生活再建をするお金を借りたい人
  • 不動産の競売や給与差押えされている場合で生活の再建のお金を借りたい人
  • 一時的に生活するお金を借りたい人

このような方が対象となり、多重債務者であってもお金を借りれる可能性があります。ただし、消費者金融と同じように審査があり、総量規制の対象となっています。

 

金利は「12.5%(遅延損害金14.6%)」で、消費者金融よりも低い金利ですが、「連帯保証人が必要」になりますので、消費者金融でお金を借りるよりハードルが高くなってしまいます。詳しくは公式ホームページでご確認ください。

 

>>一般社団法人 生活サポート募金

 

個人間融資でお金を借りる場合

最近はネット社会の普及により、「個人間融資」が行われるようになりました。掲示板やSNSを活用して個人間でお金を貸し借りを行っているケースを見かけます。

 

しかし、個人間融資には安易に手を出さないようにしてください。なぜなら、個人を装ったヤミ金業者の可能性が非常に高いからです。万が一ヤミ金業者にお金を借りてしまったら、法外な利息を搾り取られたり、実際にお金を借りることなく個人情報だけ抜き取られたりするケースもありますので注意が必要になります。

 

お金の貸し借りは基本的に「出資法」と「利息制限法」によって成り立っていますので、個人間融資の場合はこのような法律は完全に無視されてしまいます。

 

個人間融資は煩わしい審査が無いため、かんたんにお金を借りることができますが、最悪のケースに陥ってしまう可能性が極めて高いので要注意です。個人間融資でお金を借りるなら、きちんと法律に則って運営している正規の大手消費者金融カードローンでお金を借りる方がよっぽど安心で安全になります。

 

 

 

質屋でお金を借りる場合

質屋と聞いてピンと来る若い方も少ないと思いますが、最近で言う質屋は大手の「大黒屋」が該当します。昔は個人が運営する小さな質屋が多かったのですが、最近では大手の質屋が目立つようになりました。

 

質屋とは、あなたが所有している金品(高級腕時計・ブランド品・貴金属)を質屋に預ける代わりにお金を借りることができる仕組みになっています。

 

質屋でお金を借りる期限は一般的に「3ヶ月」で、その期間内に現金と質料を支払えば、預けている品物を取り戻すことができます。ちなみにですが、期限を過ぎて元金と質料を支払わない場合は、預けている品物が質流れとなり、所有権が質屋に移りますのでご注意ください。

 

例えばですが、今すぐお金が必要と言うときに、腕に付けている高級時計を質屋に持って行きます。そしてその高級時計を預ける代わりにお金を借りることができるのです。

 

この質屋とのやり取りに関しましては、「個人信用情報」の内容は完全に無視してもらえますので、いわゆる「ブラック」の方や「多重債務者」の方、「無職」の方でもお金を借りることができるのです。さらに言うと、仮に預けた品物が質流れにあったとして個人信用情報に記録されることはありません。

 

こういった点から見ても、質屋は消費者金融カードローンの審査が通らない方でも、今すぐお金を借りたいニーズに対応しているので非常に手軽で便利なのです。

 

ちなみにですが、質屋でお金を借りたい場合は「品物・本人確認書類(運転免許証・健康保険証)」があればいつでもお金を借りることができます。銀行や消費者金融のカードローンの審査が通らないけど、どうしても今すぐお金が必要と言う倍は、身の回りを整理してお金に換えれそうな品物を質屋に持って行ってみてはいかがでしょうか。

 

親や親戚からお金を借りる場合

お金を借りる方法で一番かんたんな方法が「親」にお金を借りると言う方法ではないでしょうか。親以外にも親戚にお金を借りることも可能ですね。特に子供に対して甘い親であれば、お金を借りれる可能性が高く、実際に親にお金を借りたことがある人も多いのではないでしょうか。

 

特にお金の使い道が海外留学のための資金や結婚資金、医療費などの場合は、親は子供を見捨てる訳にはいきませんので、ほとんど場合お金を借りることができるでしょう。

 

ただし、例え親や親戚であっても、お金を借りると必ず返済しないといけません。これは「親しき中にも礼儀あり」と言うことで、本来は「借用書」や「契約書」を取り交わすべきことで、毎月の返済額や返済期日などもきちんと取り決めておくべきです。

 

また、お金を借りる金額によっては「贈与税」などがかかってくる場合もありますので、金額が大きければ大きいほど注意が必要になります。

 

親からお金を借りることは審査もなく簡単ではありますが、本当の意味で自立したいのであれば、親のスネをかじるのではなく、金融機関とお付き合いをして自分の力でお金を借りるようにしましょう。その方が確実に返済しますし、金融リテラシーも高まり自立した大人となります。

 

友達からお金を借りる場合

友達からお金を借りると言う方も多いと思いますが、友達からお金を借りるのはおすすめではありません。特に仲の良い友達の場合は、信頼関係が破綻してしまうケースが多くなりますので注意が必要です。

 

友達だから審査もなくお金を借りれますが、例え100円でも借りようものなら必ず返済しなければなりません。それがお金の貸し借りの現実になります。

 

友達だから、100円ぐらい、このような感覚で居ると必ず友達が一人も居なくなってしまいます。たとえ少額の借金であっても、友達からお金を借りると言うことはそう言うことになります。

 

友達にお金を借りると言うことは、信頼関係を失うことにも繋がりかねないので十分注意するようにしましょう。

 

学生であっても20歳以上で、アルバイトなどの安定収入がある場合は消費者金融カードローンでお金を借りることができます。友達との良好な関係を潰したくないのであれば、カードローンを利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

警察でお金を借りる場合

警察署でお金を借りることができるって知っていましたか?おそらくですがほとんどの方がこの事実を知らないのではないでしょうか。

 

「公衆接遇弁消費」と言う制度があり、万が一のときに利用できる場合があります。借りれる上限は1,000円になります。もちろん返済義務がありますので、返済しないと逮捕されてしまいます。

 

要するに、財布を盗まれて家に帰れない場合やカバンごとひったくりに会って1円も所持していない場合などに利用できる制度です。家に帰りたくても電車賃がない場合などは警察に頼ってみることをおすすめします。

 

スマホの充電もない場合は、助けを呼ぶこともできませんので、このような非常事態には警察の方が頼りになりますね。