消費者金融カードローンでお金を借りるための審査とは?

カードローンは貸金業者からお金を借りる行為なので、貸す側は借入する相手に返済能力が無ければ商売が成り立ちません。

 

そのため、申し込んだ人物が本当に存在するのか、安定収入の得られる仕事についているのか、今現在多額の借金を抱えていないのかなどを厳しく審査します。

 

嘘や偽りの申込書や証明用の書類を提出すると、審査に通る確率が極端に低くなるため注意が必要です。

 

また、審査基準は業者によって違います。同じ条件でも、とある業者で審査に落ちた後、別の業者に申し込んでみたら認められたケースも多くあります。

 

消費者金融カードローンの審査

公式サイトからの申し込みの他、電話申し込み、スタッフが窓口で対応する有人店舗、自動契約機を設置した無人店舗で申し込みの後に審査が行われます。

 

大手の消費者金融であれば土日祝日でも即日審査に対応するところが多く、短ければ30分で審査が終了するパターンが目立ちます。審査の際には個人信用情報機関という機関で、申し込んだ人物の金融情報を確認します。

 

情報機関には現在の借金の金額や返済状況などの記録が載っており、それを見てお金を貸せる人物であるかどうかを審査します。また、勤め先へ電話連絡で在籍確認が行われます。

 

消費者金融名で電話連絡することは少なく、基本的に個人名でかけてくれます。審査で基準を満たしたと判断したなら電話やメールで結果を知らせた後、カードを発行してくれます。

 

銀行カードローンの審査

銀行の場合も消費者金融と同じく、公式サイトや実店舗の窓口から申し込み、その後審査が行われます。但し、自動契約機を使った申込みと審査を受け付ける銀行となると、今現在だと一部の大手都市銀行のみです。

 

申し込み自体は平日以外でも受け付けてくれますが、審査結果の連絡まで数日待たされることが多く、消費者金融に比べると遅めです。個人信用情報機関にて、申し込んだ人物の金融情報を確認する点は消費者金融と同じです。

 

返済が滞っている、異動の記録があると借りることが難しくなります。電話による在籍確認を行う際、銀行カードローンの場合だと個人名でかけるところと銀行名でかけるところが存在します。審査の結果、基準を満たせばカードや契約書を送ってくれます。

 

銀行と消費者金融の審査だとどっちが甘い?お金を借りやすいのはどっち?

基本的に銀行カードローンも消費者金融のカードローンも審査レベルにさほど違いはありません。そのためどちらの方が審査が甘いと言うことはないのです。

 

ただし、即日融資に対応しているのは消費者金融カードローンの方で、銀行カードローンの場合は1週間~2週間ほど審査に時間がかかる場合もあります。

 

しかし、専業主婦や専業主夫の立場なら銀行カードローンがおすすめです。なぜなら銀行カードローンには総量規制が無いからです。

 

総量規制とは、年収の3分の1を超える融資を行ってはならないという法律です。消費者金融の場合は収入のない人だとこの総量規制に引っかかってしまい、1円も借りられないのが現実です。

 

貸金業者である消費者金融は総量規制の法律を守る義務があります。銀行カードローンなら配偶者に安定収入があれば、専業主婦や専業主夫でもお金を借してくれるところが存在します。

 

つまり、専業主婦の方は銀行カードローンしか利用でき無いと言うことです。

 

消費者金融カードローンの場合は、20歳以上で安定収入があれば誰でもお金を借りることができます。例えば、学生や主婦の方でもパートやアルバイトの収入があればお金を借りることが可能と言うことです。

 

>>即日融資可能なカードローンはこちら