クラウドファンディングとは?

クラウドファウンディングは群衆と資金調達をかけあわせた造語で、インターネット上で不特定多数の人から資金調達をする仕組みです。クラウドファウンディングは5つの分類があり、寄付型、購入型、融資型、ファンド投資型、株式投資型があります。この中で広く知れ渡っているものといえば購入型や寄付型ですが、市場規模では融資型が大半を締めていることが特徴です。

 

国内の市場規模は急激な伸びがあり、ソーシャルレンディングの大部分を占めています。

 

クラウドファウンディングでお金を借りる方法

クラウドファウンディングでお金を借りる時はプラットフォームを比較して決定し、ウェブサイトに登録してプロジェクトの情報を入力します。入力する内容は募集期間や金額がどのくらいかかり何をするのか決め、支援者に対する報酬を何にするのか考えて入力して審査を受ける流れです。

 

利用する場合は審査に通らないといけないため明確にしてから情報を入力し、通ればウェブサイトに掲載されてからようやく利用できるようになります。

クラウドファウンディングでお金を借りるメリット

クラウドファウンディングはインターネットで不特定多数から資金を集めやすく、融資や寄付、出資を広く募集できるようになって今まで埋もれていた夢や目的で実現できることがメリットです。

 

クラウドファウンディングのメリットはプロジェクトの実施者や企業だけでなく、出資を行う個人にも様々な形でお返しがあります。融資型は金銭的な利回りを期待できることや購入型は特別な待遇を得ることができ、投資家の力で事業機会が増えることが特徴です。

 

寄付型の場合は個人が簡単に他人を支援できるため、お互いに助け合うことで絆を深めることができます。資金調達はインターネットを使うと希望者を探しやすく、緊急の場合に対処できることがメリットです。

 

クラウドファウンディングでお金を借りるデメリット

クラウドファウンディングのデメリットといえば資金募集されたプロジェクトが必ず成立されるわけでなく、成立した場合にも頓挫してしまうなどリスクがあります。頓挫した場合は支援者や出資者がその非を追求して資金を返してもらうことはできないため、それ相応のリスクを考慮してから行うことが大事です。

 

悪意を持った利用者も仕組みを把握して行っているため、集めた資金がすべて正しく使われているとは限らないものです。クラウドファウンディングは一度支援や出資を行ったあとに資金を引き出すことは難しく、事前に認識してから支援や投資をしないと後悔する羽目になります。資金調達をする時はメリットもあればデメリットもあり、最適なやり方を決めることが重要です。